レンタルルームは、預けたい荷物のサイズや量に応じたスペースをレンタルできるので、とても便利です。
レンタルルームに普段は使っていない物を預ければ、物でいっぱいで家の中に人の住める空間が少ないといったことや、オフィス内が書類で雑然としているといったことを解消できるはずです。

スポンサードリンク

レンタルルームの利用用途

レンタルルームの上手な活用術とは、どんな物を預けることにあるのでしょう。

一般家庭のお宅では、タンスやソファー、大型家電など、いつかは使うけれど当分は不必要なものや、シーズン用品であるヒーターやこたつ、扇風機、アウトドアグッズのキャンプやスキー用品、増えていったコレクションアイテムなどがあります。

リフォームや新築のときに、一時的に家財道具を保管する場所として便利です。

法人利用のケースでは、レンタルルームに5年保存しなければいけないなどの資料や書類関係、備品、カタログ、OA機器、在庫商品、大型機材など、たくさん用途の種類があります。

レンタルルームは、預けられる品物に制限があり、なんでも可能ではありません。

レンタルルーム業者は、どこも基本的には現金や貴重品、危険物、証券類、生モノ、迷惑物などを預けることはできません。

契約してから、預けようと思っていた物が不可だったということのないよう、あらかじめ調べておきましょう。

レンタルルームに、預けた物への保険や補償があるかも、業者ごとに契約内容が違うかもしれませんから、チェックしておいてください。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

レンタルルーム:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://e.m613.com/rentalroom/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。