悪質商法とクーリング・オフ




今も昔も絶えることなく続いている悪質商法。悪いことを考える人はいつの時代も必ずいるものです。
サイドビジネス(副業)の世界にも、悪質商法を使って儲けようとする人たちが、残念ながら存在します。

悪質商法の場合は当然ですが、契約した後に「やっぱり契約を解除したい」という場合はあると思います。
そういった状況になった場合、有効な手段となるのが「クーリング・オフ」という制度です。

クーリング・オフを使えばどんな契約でも解除することができる、というわけではありませんので、そこは勘違いをしないように注意してください。
悪質商法の場合や、支払いが困難な場合などに、業者の承諾がなくても契約を解除できますよ、という方法なのです。

世間的によく知られているクーリング・オフの期間は8日間です。
この期間は、契約によって異なりますので、自分の契約に応じて確認しておくことが大切です。
以下に、よくクーリング・オフが用いられる契約などを挙げてみましたので、確認してみてください。

●訪問販売、電話勧誘販売、エステティックサービスなどの特定継続的役務提供・・・8日間

●契約期間が1年を超える生命保険や損害保険契約・・・8日間

●連鎖販売取引(マルチ商法)、内職商法などの業務提供誘引販売取引・・・20日間

●店舗外での宅建業者による宅地建物取引・・・8日間

●店舗以外での海外商品先物取引の契約・・・14日間

続きを読む

(C) 2009 副業サイドビジネス