フランチャイズのシステムと資金




フランチャイズは公的に定めたシステムが存在し、「日本フランチャイズチェーン協会」が取り決めをしています。

日本フランチャイズチェーン協会によれば、フランチャイズは、事業者間で契約書を交わし、標識や商標、経営ノウハウなどを、同じイメージの事業運営をする権利を与えて、反対に対価を払ってもらうことにより成立するものだ、というような内容が決められています。

店舗を出すにあたって、サービスや商品などを同じお店としてお客さまに提供してもいいという許可を渡し、サポートもしていくその代わりに、売り上げの一部を、フランチャイズ側に払ってくださいということです。

フランチャイズと加盟店の関係が、共同事業であるということを示す内容です。

続きを読む

(C) 2009 フランチャイズ募集情報